カトリッティ

2010年12月14日 (火)

狩り暮しのカトリッティー 第6章 終焉 著:カトリッティ

〜あらすじ〜

カズキの希望により車で宮崎を目指すことになったHUSLSC。サイゼで腹を満たし、長旅の準備は整った。それぞれ車に乗り、最短距離で宮崎を目指すこととなる。
この後、まさかの急展開を迎えることになるとは、まだ誰も知るよしはない。

「てか、宮崎行くの辞めね??悪いけど俺宮崎だったら行かないわ!」


この話はこの、何の空気も読めていない一言から始まる。


誰が言ったのかは分からない。少しだけ滑舌が良くなく、みんなは上手く聞き取れなかった。


一同「へ?誰か何か言った?」


あ…


トシ「浩志さんが、宮崎行きたくないって。」


あーあ、言っちゃった。

一同(ウッソ…隆太のことKYとか言える立場じゃないやん…)

タジ「はいっ!!みなさん聞いてくださーい!!

宮崎を辞めて、これからそれぞれのお家に向かっちゃいまーす!!」

代表の言葉に逆らえるわけがない。一同は帰宅を余儀なくされることとなったのであった。

高速に乗り、HUSLSC自慢の軽快なステップでそれぞれの家へ向かう。

一同「置いてきた思い出は〜二人で優しく包んで〜♪」


何だかんだテンションは最高潮。得意の切り替えの早さで苦難も波も乗り越える。

どかん!!!!

ドン!!


ドン!!


ドン!!

………

………


事故った。
奇跡的な玉突き事故。

全員、意識不明。

………

………


「はっ!」

ザッティーが目を覚ました。
芸術的なCPRを施し、全員意識回復。回復体位。


マウストューマウスによりザッティーの口紅を至るところに付けた一同、周りを見渡すと…

ユリケラトプスだ。

ユリ「じゃけ〜〜!じゃけ〜〜!」


一同(あ、広島弁だ。ここは広島なんだな)


空にはユリラノドンが群れをなして羽ばたいている。


ユリ「ギャオじゃけ〜!ギャオじゃけ〜!」

ここが広島であることに間違いはなさそうだ。

どうやら一同は白亜期の広島にやってきてしまったらしい…。


きゃっheart01


ザッティーの悲鳴を聞いて一同が振り向くと、そこには信じられない光景が繰り広げられていた。

ユリラノドンの群れの一羽が地上に降り立ち、ザッティーを人質にしてその鋭い爪をザッティーの首に突き立てているではないか。

ザッティーは爪が刺さるまいと、必死に首を仰け反らせている。

すごい光景である。


ユリ「余は空腹じゃ。空腹なのじゃ。空腹に耐えられんのじゃ。人間を10人、用意して余に差し出せ〜!!


さもなくばこのオバサンの命はもらう。」

一同「言わせておけば、ザッティーはまだ19歳だ。」


ユリ「……マジeye?」


ユリケラトプスはザッティーを連れてどこかへ飛んでいってしまった。


ユリ「ギャオじゃけ〜!ギャオじゃけ〜!」


どうやら広島弁が出るのは鳴くときだけらしい。


一同は自分が人質にならなくて本当に良かったと、ホッと胸を撫で下ろした。


しかしうかうかしてばかりいられない。自分達もこの地で食料を確保しなくては生きていけないからだ。


一同は福岡まで歩いた。
そこには人が住んでいるようで、住居らしきものがあちこちに建っていた。

りょんが先頭に立ち、中を覗くと、一人の老人が出てきた。

老人「旅のものか。私も学生の頃は良くモテたもんじゃが、今ではすっかり見る影もなくなってしまった。」

なまりが酷い。

りょん「あの…お名前を聞いてもいいですか?」

老人「阿尾門左衛門と申します。」


どうやら阿尾くんの遠い先祖であることに間違いはなさそうだ。

一同は旅を続け、無事食料を確保し、幸せに暮らしたとさ。

こんな文章を書いて自己満に浸っちゃってますが、今期主将を務めることになりました!精一杯頑張りますので、よろしくお願いします!

みんなで協力して最高のクラブにしましょうねhappy01


エピローグ、カズキよろしく!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

狩り暮らしのカトリッティー 第5章 著:古川沙織

前回までのあらすじ

バーチーから市ヶ谷に戻ってきたHUSLSC一同は本編のヒーローであるカトリッティと、ヒロインであるカトリッティの守るべき大切な人、JのMと、食い意地を張っているなんちゃってお嬢様さおぴぃとのもめ事に巻き込まれる。

事態を収めようと主将が大熱唱した末、落ち着いたところで…………かずきさんが宮崎に行こうとつぶやく。

なんだかんだ市ヶ谷に1週間ほど居座ったHUSLSC一同はそろそろすることもなく飽きていた。
そこでかずきさんのつぶやきを拾ったのはカトリッティの愛人であり相棒でもあるたじさんである。
たじさん『えっ…!!♪行こうよ!!かずき!!行こうよ!!』
かずきさん『まじで~?(ニヤニヤ)行っちゃう?(ニコニコ)』
たじさん『はいっ!!聞いてくださ~い!!かずきから連絡で~す!!』
かずきさん『………み…宮崎行きまーす!!☆』
たじさん『やったー!!(パチパチ)』
カトリッティ『ははは!!うぇい!!!!!!!』
JのM『いぇいっ♪(カトリッティを見てニコニコ)』
さおぴぃ『さっきはごめんね、おなかがすきすぎちゃってカトリッティに当たっちゃった…許してね。』
JのM『うん…りゅーちゃんのこと悪く言わないでね。私のりゅーちゃんだから…!!』
さやか『ははは!!はっはっはっ(発作)』
たじさん『はいっ!!ではそれぞれ好きな車に乗ってください!!』

HUSLSCカーは以下のラインナップとなっております。

タジマーチ
トシエンタ
カトリッティカー
かいちさんカー
まーちんさんカー
ざってぃカー
さちカー
げんたカー
さやカー

さおぴぃとJのMも無事に仲直りをし、HUSLSC一同+JのMはそれぞれ車に乗り込み宮崎を目指して長い長い旅へと出発した。

JのMを助手席に乗せた2人っきりのラブラブカトリッティカーからHUSLSCメーリスが届いた。

_____________________________

DAT XX/XX XX:XX

FRM HUSLSC

SUB (NON TITLE)

______________________________

【PR】

位置情報でリマインド☆

友達と地図で共有しよう!

http://ra9.jp/p?lv8y1eie

リュータ (12)

とりあえず、腹減った。

________________________________

時刻は14:00を回っていて、みんなおなかがすいていた。でもやはり口火を切ったのはカトリッティーであった。

先頭を走っていた、かずきさんと将を乗せたタジマーチはサイゼリヤに入った。

みんなそれぞれおなかを満たし、女子たちはデザートを頼むためテーブルのベルを押した。

店員『………………ティラミスをおひとつ。以上でよろしいですか?』

『は~い』と言おうとしたその時。

カトリッティ『あ、ペペロンチーノ1つ。』

………………。

りゅーたさんは追加で頼んだペペロンチーノをたじさんよりも早く食べ終わりました。

さ、これからが長旅です♪

おしまい!

ひろしさん、遅くなってごめんなさい…。

そして面白く書けなくてごめんなさい…。

そして宮崎ネタが全くと言っていいほど知らなかったので宮崎に到着する前に終わらせちゃいました(笑)配車は皆さんのご想像にお任せします☆「免許持ってるけど車出せないよ~」とか現実的なことは言わないでくださいね…!

2010 HUSLSC 主将(新島3年目)から回ってきたので…2011 HUSLSC 次期主将(新島2年目)に回したいと思います!

最終章ですよ~!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

狩り暮らしのカトリッティ番外編 私が亀田。私が神だ。著:一輝

※これは、筆者がリュータだけ活躍するのに我慢ならなくなったから書く、本編とは全く関係ないシリーズである。

旅の途中、カトリッティと愉快な仲間たちは奇妙な話を耳にした。

ここ最近、太った女性ばかりが次々と何者かに襲われているというのだ。

警察は通り魔が襲った相手がたまたま皆太っていただけであろうとの見解を示した。


「その事件待ったー(°Д°)paper!!」

ここで前に出なきゃただの愉快な仲間たちになってしまうとばかりに声を張り上げた男は・・・


就活真っ盛りの亀さんだった。


誰にも言っていないが(というか言えないが)、亀さんには秘密にしていたことがある。

実は、昔は腕利きの刑事で「醍醐味の亀」と恐れられていたのだ。
亀さんは昇進を重ね、莫大な退職金で老後を楽しもうとしていた。
だがある日、黒ずくめの男が何やら悪い取引をしているのを発見。その尾行中に組織の仲間に見つかり、毒薬を飲まされ、目が覚めると・・・


体が縮んでいた。(どーん。)

亀田一樹が生きていると奴らにバレたらまずい(-_-;)。じゃあ社会学部に入ってモルツのビールを飲みまくろう。


見た目は大学生!!心はおじいちゃん!!迷宮なしの名探偵!!
その名は名探偵亀さん。(どーん)


真実はいつも1つとは限らないぜ!!それが醍醐味だ。

亀さんはさっそく実況見聞、事情聴取とせっせと情報を集めた。

「刑事は足を使わなきゃな。それが醍醐味だ。」

すると亀さんは1つの真実にたどりついた。
亀さんは相棒のスーパーサブ岡将行に自分の推理を話した。


岡将行は「それはないっスムニダ。ってか信じられないセヨー。」と馬鹿にするかのように返した。

カチンときた亀さんはアンパンマンの顔が吹っ飛ぶくらい岡将行の顔をビンタして、

「信じられないかもしれないけどよ!!考えたくないかもしれないけどよ!!あり得ないことを除外していって残ったものが・・・真実なんだ。(それが醍醐味じゃけ・・・。ボソッ)」

・・・・・・・・・・・。


亀さんはみんなを崖の上に集めた。


「犯人はあなたです(>_<)!!かいとさん!!」

「俺?マジ?」
"甘栗むいちゃいました"を食べながらかいとさん。


「そうです!!太った女は自己管理ができていない。許せない。マジ滅びれば良いんだよ。シャーハッハ(°Д°)と言うのがあなたの口癖でした。かいとさん、あなたですねsign02

えっsign02それだけの証拠でsign02あんなに調べてたのにsign02と誰もが思ったが


あっさりかいとさんは
「あぁ、やった。やってやったよ。人類のためにな。」
と吐いた。


"人類のためにな。"


さぁ、判定はいかにsign02

深いー。
深いー。
うーん。
深いー。
深いー。


結果は・・・深かった。
やっぱかいとさんは深かったのだ。


「シャーハッハ。覚えておけ。私が神だ。俺がルールだ(°Д°)」

と言うと、星に帰って行った。


明日はノルウェーを旅します。


参考文献
・名探偵コナン(小学館)
・ONE PIESE(集英社)
・人生が変わる1分間の深イイ話(日本テレビ)
・世界の車窓から(テレビ朝日)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

狩り暮らしのカトリッテ第四章 HUSLSC狂想曲 著:山本浩志

~前回のあらすじ~

市ヶ谷から脱出し、希望の光が見えてきたかと思ったら

そこはまさかのばーちーであった。ばーちーは何もないので原始時代とさほど変わりない。

なんやかんやでばーちーから脱け出したものの、そこはまたしてもまさかの市ヶ谷であった・・・。

またしても市ヶ谷に逆戻りのカトリッティと愉快な仲間たち。

まじかぁ…って感じのHUSLSCメンバーだったが、やはりこの男だけは違った。

カトリッティ「とりあえず、腹減った。」

もう、このKYにも程がある発言も多くのHUSLSCメンバーは慣れっこであったが

プツンと何かが切れる音がした刹那、

「いい加減に…しろ…よ…。」

さおPだ。

スプーンとフォーク以外重い物を持ったことがない生粋のお嬢様育ちのさおPだ。

彼女には野生育ちのカトリッティの発言と行動は許容しえなかったのだ。

さおPは続けて、

「お前は私達のためにひたすら狩りだけしておけ。

それ以外のことは全てするな。どうせ粗相するからな。

もちろん事務連絡以外の会話も許さない。

わかったか?加藤。カトリッティなんてかわいく呼ばれて調子に乗んな。」

あまりにすごい剣幕でカトリッティを罵倒したもんだから、

カトリッティをはじめHUSLSCメンバーは圧倒されてしまった

するとそこに、

「あんまりだよ、さおP!私のリュウちゃんに謝って!」

このどうしようもないカトリッティを擁護し、

カトリッティをリュウちゃんと呼ぶこの女の子はカトリッティに思いをよせるJ のMであった。

JのM「確かにリュウちゃんはほんとKYだし、

行動が野性すぎて全然ついていけないし、

呼吸の仕方忘れたとかわけわかんないこと平然と言っちゃう奴だけど、

それでも私のリュウちゃんは・・・私のリュウちゃんは・・・私のリュウちゃんは・・・?

ん?あれ?私のリュウちゃん・・・どこが好きなんだっけ?」

これを聞いてドヤ顔になり満足げのさおP。

それに引き換え、どうだ、このカトリッティの表情は。

見た事もない苦悶の表情を浮かべているではないか。

原口「カトリッティw良い顔w他人の不幸は蜜の味www」

主将・ポッチャマはこの修羅場を切り抜けるにはどうしたら良いのか

考えた。

そうだ。

歌を唄おう。

もちろん歌は法政大学第一応援歌「若き日の誇り」だーーーーーーーーーーーっ!!

テンポの良いリズムに自然とHUSLSCメンバーは肩を組み、

法政 法政 法政 燃ゆる陽の生命こそ♪

沸る我等が血潮 今ぞ競技の試練♪

征覇を誓いて鍛えし腕 見よこの振興の気概♪

恐れぞなき力持て 征け闘え破れ堅塁を♪

我らが勝利の凱歌 おお高らかに叫ばん♪

若き日の誇りぞ 法政 法政 法政♪

HUSLSC+JのM「イエーーーーイ!」

自然と高まった一体感にさっきの修羅場など

どうでも良くなったHUSLSC。

ポッチャマの作戦は大成功だ!

ポッチャマ「っしゃー!この勢いでどっか行こうぜ!

かずきっ!決めちゃって!!!!!!!!!!!」

かずき「そうだ 宮崎、行こう。」

第4章 終

みんな面白すぎてめっちゃ書きづらかったぞ!笑

次は今回みんなの代わりにカトリッティを罵倒してくれたさおP!

良い感じに料理しちゃって!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

狩り暮しのカトリッティ 第三章 著:岩田幸

*前回までのあらすじ*

市ヶ谷に無事戻った一同は
松屋とみせかけた小松屋で一騒動
という夢からAOのまばたきで覚め…

「嫌な夢だったね!」
「どうしてくれんだよ,ほしお!!」

みんなが口々に文句を言う中
やはり彼はこう言うのだった

「とりあえず,腹減ったー」

優しい時間が流れる中
100キロの重りを担いだタジさんがやってきた。

タ「海でガチ練しません?」
一同「やるしかない!!」

こうしてタジマーチに乗り込んだ一同はトンネルに差し掛かった

その長い長いトンネルを抜けると
そこはバーチーだった!!

テンションの上がるチームバーチーをよそに
他のメンバーのテンションは急降下

一同「バーチーなんて何にもなくてつまんねーよ」

翠さん・幸「いや,私達の家があります」

一同「落花生が有名とか有名じゃないし,方言もないし,まじバーチーってバーチーだよな」

一同「これUターンしたら戻るんじゃない?」

そして一同Uターン!
長い長いトンネルを抜けると
そこは市ヶ谷だった…


短い短いバーチーの旅
おわりsnail


ふう
読み返すほどクオリティの低さが感じられますねー
恨むなら私にパスしたホッシーを!!


さて,次は毎回コメントを書いていて
カトリッティを楽しみにしているらしいひろしさんお願いします!

きっとおもしろいものを書いてくれると思います(^O^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

狩り暮らしのカトリッティ〜プロローグ〜 著:一輝

 雪がしんしんと降る。東京とは思えないほど寒い。
ここ法政大学多摩キャンパス、通称「キャン多摩」は例年以上の冷え込みをみせていた。
春休みということで学生は家に引き込もって「コタツムリ」化している毎日だ。

一方、真冬を感じさせない熱い声がプールから聞こえてくる。
そう。彼らは法政ライフ(HUSLSC)だ。


彼らはオフを無駄にしないように毎日必死に、だが楽しくをモットーに泳いでいた。
噂によると、去年のこの春休み練でタイムが8秒も縮まったメンバーもいるようだ。
そして、

(あーだるいから飛ばすねheart01)


メンバーが目を覚ますと、明らかに様子がおかしかった。爆笑ものだった。
周りは緑に囲まれた豊かな大自然。何より木の影からブラキオサウルスがこんにちはしていた。

一同は何がなんだか分からず、微動だにできなかった。混乱の極みの様子だ。
当然だ。このような経験は本の中だけでするものだと知っているからだ。

ところが、1人だけ様子がおかしい男がいた。男は長い沈黙をぶっ壊し、重い口を開いた。


「とりあえず、腹減った。」

まさかの1言だった。

男の名は加藤隆太。海上保安官を目指す2年生だ。
彼は他人に決まって自分のことをカトリッティと呼ばせていた。

カトリッティは周りを見回した。
ブラキオサウルスの群れは遠くに行ってしまっていた。が、トリケラトプスの群れだけは何の変わりもなく、モヒモヒ草を食べていた。
それはとても平和な光景だった。やはり草食はおとなしい。一同もどこかホッとする光景だった。


「ちょっとあいつら狩ってくるわ。」

誰もが耳を疑った。
まさかsign02
何の危害も加えてこないのにsign02
あんなにおとなしいのにsign02
カトリッティは容赦なくトリケラトプスの背中に噛みついた。いっぱい食べたいから1番大きなのを選んだのもカトリッティらしかった。
「マジ硬ぇ。半端ないんだけど!!」

トリケラトプスはだんだん弱っていき、ついに息絶えた。
手に入れた肉をむさぼり食うカトリッティ。
お腹が満たされるとご機嫌になった。

本当に嫌だったが彼は狩った肉をメンバーにもしぶしぶ与えた。

彼は1人では生きていけないことを知っていた。

カタツムリは―120℃でも死なないのだsnail
凄いぞカタツムリsnail
だが、―120℃の世界ではカタツムリ以外の動植物はみんな死んでしまうので、カタツムリ自身も餓死して死んでしまうのだsnail

この話を思い出したカトリッティはカタツムリの悲惨な運命に涙を流しつつ、1人では生きていけないことを改めて思い直した。

時間が経つと自然と落ち着いた。
まだ状況は飲み込めないが、間違いなくここで生きていくしかないことをみんなは悟った。

「だけどやっぱティラノってやつが1番強ぇんだろsign02オラ、わくわくすっぞ。」

・・・もうカトリッティは誰にも止められない。


世はまさに大海賊時代!!

つづく


P.S.あのー。もうギブアップなんですけど・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

狩り暮らしのカトリッティ

お疲れチィースです(^-^ゞ
一輝ですよー。


いやーまぁまぁ言うとりますけど、あれですねflair

隆太は原始時代がよく似合うねhappy02


変な想像をしてしまって、原始時代にタイムスリップしたらHUSLSCメンバーだと、隆太と勝ちゃんさんが多分食料を調達してきてくれそうな気がします。

隆太「ティラノ食いてー。」
勝ちゃんさん「あのトリケラ殺しとくsign02

翠さんはトロッコの車掌さん(^-^ゞ。
まーちんは200本安打。
あおくんはマンモスと話ができる。

そこで思い付いたのが、

「狩り暮らしのカトリッティ」


概要(あらすじ)
プール練中の、HUSLSCメンバーは空間がねじれてしまったことによって時渡りをしてしまった。
時は遡ること紀元前、ジュラ期も終わり、白亜期にさしかかる頃である。

メンバーが目を覚ますと、辺りは広大な大地。多くの恐竜の群れである。

困惑する一同の中、「取り敢えず、腹減った。」と言い出す男がいた。

加藤隆太だ。

隆太は平和そうに草を食べているトリケラトプスの群れを見つけるなり、
「ちょっと狩ってくるわ。」と言って・・・狩ってきた。

これはそんなカトリッティの狩り暮らしの物語。


主要キャスト

主演
カトリッティ:加藤隆太

助演

フィジカル半端ない狩人:勝ちゃんさん

カトリッティが思いを寄せる少女(カトリッティーは
毎日狩った獲物を届けに行く):Mちゃん

車掌さん:翠さん

マンモスを愛する男:あおくん

広島産の肉にこだわる少女:ゆり

何かいちいちラップでdisってくる謎の男:ホッシー

特別出演

宇宙からの侵略者:かいとさん

友情出演

200本安打:まーちん


P.S.mixiで好評だったし、ブログが滞っているので書いちゃいましたbleahpaper
暇さえあれば連載させてもらいます\(^-^)/
隆太も書きますpencil!!笑
ちなみにポッキーの時間に更新ですlovely

| | コメント (5) | トラックバック (0)